夏にぴったりのアボカド和え物レシピ:レシピラボ公式ページの動画

動画タイトル
夏にぴったりのアボカド和え物レシピ
動画コメント
"「料理サプリ」チャンネルの柚木さとみさんが、みょうがなどの薬味を使った夏にぴったりのレシピ、アボカドとみょうがのゆず胡椒和えを紹介しています。こちらは柚木さんの料理教室で人気のレシピとのこと。 はじめに、アボガドの剥き方や切り方を解説しています。真ん中の種は包丁の角を使って取ると良い、果肉に切り込みを入れてから皮を剥くとまな板が汚れないなど、料理上手になれるテクニックを知ることができます。 アボカドとみょうがのゆず胡椒和えでは、しょうゆなどの調味料が少なく見えるのですが、それでも充分に味がなじむそうです。ボウルに調味料を合わせたら、アボガドを入れて少し崩すように混ぜるのがポイントです。そうすることで味が浸みこみやすいとのこと。さらに、みょうが、ミニトマト、ゴマなどを加えてレシピは完成です。"
動画キーワード
レシピ , アボカドとみょうがのゆず胡椒和え
リンク

レシピラボ公式ページその他の動画

あったかい厚揚げのあんかけレシピ
"冬はあったかい料理もすぐに冷めてしまいますが、あんかけをかけていれば冷めづらいので食べ終わるまであったく食べられます。 レシピはとても簡単で、油抜きも兼ねて厚揚げをゆでてそれをフライパンで焼いていきます。厚揚げに関しては大きさによっては食べやすく切ったりもしますが、基本的にはこれで終了です。 今回は厚揚げのなめこあんかけなので、あんかけにはなめことえのきで作っていきます。醤油とお酒と砂糖などで味付けをしたら水溶きからくり粉でとろみをつけて、それを厚揚げにかければ完成です。 寒い季節にピッタリの熱々の厚揚げなめこあんかけがあっという間に作れるレシピは、動画を見ればますます簡単につくることができるでしょう。"
厚揚げのなめこあんかけ , 厚揚げ , あんかけ
ソースカツカレーの作り方レシピ
ソースカツカレーのレシピです。鍋に油を入れ火にかけて温めます。油が温まったら大きめにみじん切りした玉ねぎを入れて炒めます。そこへ大さじ一杯の水を入れることで炒めやすくなります。玉ねぎがきつね色になったら、みじん切りをしたしょうがを入れて更に炒めます。しょうがの良い香りがしてきたら、すりおろしたにんじん、セロリ、りんごを入れて混ぜ合わせながら炒めます。中火で水分がなくなるまで炒めます。ホールトマトを入れ、水分がなくなるまで炒めます。赤ワインを入れ、今度はアルコールが飛ぶまで煮込みます。そこへ酢と砂糖を入れ混ぜ合わせたら少し煮込みます。キャベツとアンチョビを入れ、醤油を加えます。蓋を閉めて30分ほど煮込みます。トンカツはトンカツ肉に衣をつけ、170度の油で揚げます。揚げたトンカツとソースを組み合わせて器に盛りできあがりです。
ソースカツカレー
ほうれん草のマフィンのレシピ
"アプリでも人気の動画チャンネル「料理サプリ」によるほうれん草のマフィンの作り方を紹介した動画です。ほうれん草は苦くて青臭くて苦手という子どもが多いですが、スイーツにしてしまえばまったく抵抗なく食べられるのではないでしょうか。 お料理はハンドミキサーを使い、バターを混ぜる所から始まります。その後、お砂糖や卵黄を入れ、小麦粉などを加えていくのですが、お粉を入れた後は練らないように混ぜるのがポイントのようです。サクサクと切るように混ぜるのが正解です。ほうれん草は、あらかじめ茹でて細かく切っておく必要があります。それを投入してサクサクと混ぜ、カップに入れたら後はオーブンで焼くだけです。 ほうれん草のマフィンはとても簡単ですが、ヘルシーでおやつにもなるスイーツレシピです。"
ほうれん草のマフィン
玉ねぎを使ったヘルシーで簡単なレシピ
減量中の人などにぴったりで作り方が簡単な、蒸ししゃぶ玉ねぎのレシピです。用意するのは玉ねぎ1個だけです。丸ごとの玉ねぎをまな板に置き、両端の食べにくい部分をカットします。それから十字方向にカットします。これで玉ねぎが4等分されたことになります。カットしてから玉ねぎの皮をむきます。その玉ねぎを深めの皿に置きラップをします。電子レンジで玉ねぎを加熱します。加熱温度と時間は500wで5分程が目安となります。電子レンジから皿を取り出す際に注意する点は、加熱したため、皿がとても熱くなっているので気をつけましょう。玉ねぎの中まで加熱された状態で完成となります。そこにポン酢とかつお節をかけて食べます。かけるものは好みで色々変えてください。
蒸ししゃぶ玉ねぎ , 玉ねぎ , ヘルシー , 簡単
仰天美味なお好み焼き蕎麦のレシピ
関西の味と信州の味を融合させた意外な二つの料理の組み合わせが、お好み焼き蕎麦です。レシピは簡単です。最初に、レンジで温めて作るトッピング材のお好み焼きとお湯を入れて数分で完成するインスタント蕎麦を用意します。この時に注意したいのが大きさです。トッピング材はインスタント蕎麦の容器に収まるサイズのもの、インスタント蕎麦はトッピング材が入るように口の広い物を選ぶ方が良いでしょう。食材が容易できたら、それぞれの手順通り別々に料理します。二つの食材が料理できたら蕎麦の上にトッピング材を載せます。一見、トッピング材は天ぷら蕎麦のかき揚げのように見えます。さらにソース・青海苔・鰹節を載せ完成です。ソースは蕎麦に流れ出さないように注意して載せます。
レシピ , お好み焼き
炊飯器だけで作れるコーンご飯のレシピ
"ユーチューバ―のkattyanさんが、誰でも簡単に作れる「丸ごととうもろこしご飯」の作り方を教えてくれます。 夏の暑い時って、食欲がなくてご飯を食べたくなくなりますが、甘いとうもろこしが入った炊き込みご飯なら食が進みます。kattyanさんのレシピは、自称「ずぼら飯」。面倒な下ごしらえはほとんどなく、栄養満点のご飯を作れるのがポイントです。 動画ではとうもろこしを剥いて、包丁でツブツブを引きはがす所も映っているので、初めて作る時にはとても参考になります。丸ごととうもろこしご飯のお味ですが、普通にお鍋で湯がくとうもろこしよりも甘くてシャキシャキとした食感が楽しめるとのこと。レシピの詳細は、動画の説明欄に書いていあります。kattyanさんがおすすめするベーコンやバターを乗せるアレンジも、試してみたくなりますね!"
丸ごととうもろこしご飯 , コーンご飯