仰天美味なお好み焼き蕎麦のレシピ:レシピラボ公式ページの動画

動画タイトル
仰天美味なお好み焼き蕎麦のレシピ
動画コメント
関西の味と信州の味を融合させた意外な二つの料理の組み合わせが、お好み焼き蕎麦です。レシピは簡単です。最初に、レンジで温めて作るトッピング材のお好み焼きとお湯を入れて数分で完成するインスタント蕎麦を用意します。この時に注意したいのが大きさです。トッピング材はインスタント蕎麦の容器に収まるサイズのもの、インスタント蕎麦はトッピング材が入るように口の広い物を選ぶ方が良いでしょう。食材が容易できたら、それぞれの手順通り別々に料理します。二つの食材が料理できたら蕎麦の上にトッピング材を載せます。一見、トッピング材は天ぷら蕎麦のかき揚げのように見えます。さらにソース・青海苔・鰹節を載せ完成です。ソースは蕎麦に流れ出さないように注意して載せます。
動画キーワード
レシピ , お好み焼き
リンク

レシピラボ公式ページその他の動画

真似したくなる豚キムチレシピ!
"コチュジャンを入れることで豚キムチの味を引き立てるレシピです。 豚バラ肉を3cm間隔に切り、醤油、料理酒、胡椒と合わせます。さらに片栗粉をかけて、揉みこんで味を染み込ませます。フライパンにごま油をまんべんなく敷き、温めます。フライパンが温まりごま油が広がってきたら、味付けをした豚バラを強火で炒めていきます。豚バラ肉に火が通り、脂分が出てきたら、コチュジャンを加えましょう。お肉にコチュジャンを絡ませながらよく炒めましょう。豚バラ肉の色がこんがりに変わってきたら、続いてキムチを投入します。豚肉とキムチをよく絡めながら炒めていきます。とろみが出てきたら、火を止めて、完成です。お好みで青ネギを乗せて、いただきましょう。"
レシピ , 豚キムチ
簡単に作れる小松菜の煮びたしのレシピ
"栄養価も高い小松菜で煮びたしを作ってみましょう。 動画を見ながら簡単に作れる小松菜の煮びたしなので、毎日のおかずや酒の肴にも最適なレシピです。 小松菜はゆでておき、厚揚げは湯抜きをしておきます。 しめじは、ほぐしておきます。 だし汁と塩、薄口しょうゆ、みりんで小松菜、厚揚げ、しめじを煮含めて行くので、簡単に素早く出来るお勧めのレシピです。 この一つのレシピで、それぞれの素材の味わいがうまくマッチするので、美味しいおかずになります。 小松菜の煮びたしは、鉄分やビタミンも豊富に摂れて、寒い時期に欠かせない青菜がたっぷりと摂れる便利なメニューです。 厚揚げやしめじならいつでも冷蔵庫にある材料なので、作りやすいのも魅力です。"
小松菜の煮びたし , 簡単 , 小松菜
このレシピでキッシュがうまくなる
キッシュのレシピ 1、指の形がつくまでにやわらかいパイ生地をつくります。冷凍パイ生地の時は層をつぶしてまとめ直し3ミリの厚さに伸ばします。伸ばした生地を麺棒に巻きつけて型に載せます。2、余分な生地を切り落とし、切り落とした生地で成形をします。生地で縁を作っておきます。生地は空気抜きのためフォークで穴をあけラップして冷蔵庫で15分入れます。3、ベーコン、ハムは角切りにし、玉ねぎは薄切り、マッシュルームは洗った後軸を取り除いて薄切りにして炒め、火が通ったら、取り出して、薄く広げて冷まします。4、冷蔵庫から出した生地にアルミホイルをかけ、ボウルを載せて、200度のオーブンで15分焼き、生焼けを防ぎます。5、溶き卵に牛乳、生クリームを加え、塩こしょう、ナツメグを加えます。6、4の生地に具材、5の卵液を入れ、すりおろしたチーズを全体にかけ190度のオーブンで30分焼きます。自然に冷まして食べるときに温めて食べます。 詳しいキッシュのレシピはこの動画で
レシピ , キッシュ
「里芋とイカの煮物」の超簡単レシピ
"動画で見る、わかりやすい「里芋とイカの煮物」の超簡単レシピです。 忙しくて時間のない時でも、おうちで手作りしたい初心者にもうれしい、お手軽な煮物のレシピです。 まず材料として、里芋7個、イカ一杯、水300ccを用意しましょう。 調味料の分量は、ほんだし小袋の半分の4g、砂糖大さじ2、酒大さじ1、しょうゆ大さじ2です。 下ごしらえに里芋の皮をむいて洗っておきましょう。 イカははらわたをとって、骨を抜いて、一口大の輪切りにしておきます。 あとは動画のように里芋とお水を入れて、ほんだしと砂糖、お酒を分量どおり入れましょう。 沸騰したらイカを入れて、里芋が柔らかくなるまで煮ます。 里芋に火が通ったら、しょうゆを入れて3分煮あがったら火を止め、 味がしみこむまで少し冷ましておけばできあがりです。"
里芋とイカの煮物 , 里芋 , イカ , 煮物 , 簡単
真鯛の利休和えレシピ
真鯛の利休和えのレシピです。鍋にみりんを大さじで2杯入れて火にかけ、アルコール分が飛ぶまで中火で煮詰めます。ひと煮立ちしたら火を止めます。きゅうり1本の半分程を輪切りにし、塩を振ってきゅうりの水分を出します。次に調味料を作ります。ボールなどの中に、みそ小さじ2、白すりごま大さじ2、先ほどのみりん大さじ1を入れてよく混ぜ合わせます。輪切りにしたきゅうりをキッチンペーパーでよく水気を取り、合わせた調味料の中に入れて混ぜ合わせます。真鯛は刺身用を10切から12切程用意します。その真鯛の刺身を合わせた調味料と輪切りにしたきゅうりのボールに加えて、更に混ぜ合わせます。調味料の味が真鯛にするようによく混ぜ合わせます。それを器に盛って完成です。
真鯛の利休和え , 真鯛 , 利休和え
関東風のお雑煮レシピ
関東風のお雑煮のレシピです。下ごしらえとして、鶏肉を食べやすい大きにカットし、ボールに入れて塩と酒を振りかけておきます。鍋で沸騰させた湯に塩を入れ、小松菜を茹でます。小松菜がしんなりしたら鍋から取り出し、冷水で熱を取ります。手で絞って水気を切り、食べやすい大きさにカットしておきます。次にお雑煮に飾るための結び三つ葉と、香り付けのための千切りしたゆずの皮を準備しておきます。汁を作る間におもちをオーブントースターに入れてタイマーをかけておきます。鍋にだし汁とカットした鶏肉を入れて火にかけ、鍋の蓋を閉めてしばらく煮込みます。鶏肉に火が通ったら、酒、塩、醤油で味付けをし、ひと煮立ちしたら汁の完成です。お椀に焼いたおもちを入れて汁を注ぎ、小松菜と結び三つ葉、柚子の皮をのせてできあがりです。
レシピ , お雑煮