謎のおかしレシピを水溜りボンドが再現:レシピラボ公式ページの動画

動画タイトル
謎のおかしレシピを水溜りボンドが再現
動画コメント
水溜りボンドとは、青山学院大学生の男性二人組YouTuberです。キングオブコントで準々決勝まで進出した経歴のある彼らは、ユーチューブにて都市伝説を実証する、iPhoneの機能で面白い実験をするなどの動画を投稿しています。この動画は、有名レシピ投稿サイトのクックパッドで紹介されている謎のおかしというレシピを実際に再現してみるというものです。この謎のおかしは、投稿者がマシュマロを作ろうとして間違って卵黄を入れてしまったことから偶然出来たものであるため、このように呼ばれています。実際に作ってみると、砂糖やゼラチンに加えて果汁ではなく卵白、卵黄を入れるため、なんだか不味そうな雰囲気です。しかしながら実際に食べてみると、わらび餅のような食感で、撮影時は夜中の3時であっても思わずもう一個食べたくなるような出来栄えになっています。
動画キーワード
レシピ , 謎のおかし
リンク

レシピラボ公式ページその他の動画

夏にぴったりのアボカド和え物レシピ
"「料理サプリ」チャンネルの柚木さとみさんが、みょうがなどの薬味を使った夏にぴったりのレシピ、アボカドとみょうがのゆず胡椒和えを紹介しています。こちらは柚木さんの料理教室で人気のレシピとのこと。 はじめに、アボガドの剥き方や切り方を解説しています。真ん中の種は包丁の角を使って取ると良い、果肉に切り込みを入れてから皮を剥くとまな板が汚れないなど、料理上手になれるテクニックを知ることができます。 アボカドとみょうがのゆず胡椒和えでは、しょうゆなどの調味料が少なく見えるのですが、それでも充分に味がなじむそうです。ボウルに調味料を合わせたら、アボガドを入れて少し崩すように混ぜるのがポイントです。そうすることで味が浸みこみやすいとのこと。さらに、みょうが、ミニトマト、ゴマなどを加えてレシピは完成です。"
レシピ , アボカドとみょうがのゆず胡椒和え
炊飯器だけで作れるコーンご飯のレシピ
"ユーチューバ―のkattyanさんが、誰でも簡単に作れる「丸ごととうもろこしご飯」の作り方を教えてくれます。 夏の暑い時って、食欲がなくてご飯を食べたくなくなりますが、甘いとうもろこしが入った炊き込みご飯なら食が進みます。kattyanさんのレシピは、自称「ずぼら飯」。面倒な下ごしらえはほとんどなく、栄養満点のご飯を作れるのがポイントです。 動画ではとうもろこしを剥いて、包丁でツブツブを引きはがす所も映っているので、初めて作る時にはとても参考になります。丸ごととうもろこしご飯のお味ですが、普通にお鍋で湯がくとうもろこしよりも甘くてシャキシャキとした食感が楽しめるとのこと。レシピの詳細は、動画の説明欄に書いていあります。kattyanさんがおすすめするベーコンやバターを乗せるアレンジも、試してみたくなりますね!"
丸ごととうもろこしご飯 , コーンご飯
アイス大福レシピ
"アイス大福の作り方を紹介です。 アイスと言えば夏のイメージが多いですが、アイス大福ならば冬にコタツで食べるのも悪くはないのではないでしょうか。 いつものバニラアイスにちょっとしたひと手間を加えるだけで家庭でもあの味を楽しむことができます。 大まかに大福の皮の作り方とその材料のレシピ、そしてその皮でアイスを包む方法の紹介です。 紹介している材料はスーパーマーケットに行けばどこにでも売っているものばかりです。 作り方も簡単で誰にでもできる内容なので、休日にお子さんと一緒に楽しんだり、学校の調理実習に取り入れたり、食後のデザートなどに作ることができます。 また来客の時などに出せばウケること間違いなしです。 是非年中使えるこのレシピを覚えてみてください。"
レシピ , アイス大福
鶏胸肉の鶏ハムレシピ
安い鶏胸肉でも簡単で美味しくできる鶏ハムのレシピです。鶏胸肉で作るため、ダイエット中や筋トレ中の食事にも合います。材料は、鶏胸肉と砂糖、塩、こしょうと少ない材料で作ることができます。鶏胸肉の皮や余分な脂は取り除いてから、砂糖と塩、こしょうをすりこんでいきます。スパイスをすり込んでもおいしくなります。すり込み終わったら、保存袋で空気が入らない状態にしてから、24時間から2晩程度放置します。放置したら、水で一度洗って、1時間程度塩抜きします。キッチンペーパーなどで水を拭き取り、ラップでキャンディ状にまとめ沸騰しそうな温度のお湯に入れて、1分強火にしたら、1時間放置します。余熱で火が通り完成します。
鶏ハム , 鶏胸肉
ステーキの焼き方のレシピ
厚みがないステーキ肉をおいしく焼くためのレシピです。本みりん50cc、白ワイン100cc、醤油50cc、ニンニク3から5欠片、玉ねぎ1個、塩こしょう適量をミキサーで混ぜ合わせ、肉にかけるソースを作っておきます。肉は全体にオリーブオイルをまぶしてから、常温に戻すためしばらく置いておきます。塩こしょうは焼く直前にしましょう。肉はグリルパンを使って焼きます。熱したグリルパンを油ならしして、縦線に対して肉を45度の角度に置きます。強火で15秒ほど焼いたら焦げ目ができるので、肉を90度回転させて置き直します。綺麗な網目模様ができたら裏側も同様に焼きます。フライパンに無塩バター10gと作っておいたソース60ccを入れて温めます。肉をさらに盛り付けソースをかけて完成です。
ステーキ
簡単マリネのレシピ
簡単に作れてサッパリと食べられるマリネのレシピです。塩を振って水に浸すちょっとした下処理をするだけで、新玉ねぎの辛みも抑えられてシャキシャキ感はそのまま楽しめます。パプリカや玉ねぎ以外にも、入れる野菜をお好みのものにするアレンジも可能です。マリネ液は白く乳化するまで良く混ぜるのがポイントです、いろいろな野菜や魚にもあうので、たくさん作ればドレッシング代わりにもなるので便利です。生ハムの塩気と風味、さらに野菜の歯ごたえがマッチする、簡単で手軽に作れるのに、一味深みのあるサラダが出来上がります。野菜をいつもとは違った食べ方で味わえるし、時間もかからない上に、彩りも綺麗なので食卓に花がさくメニューです。
マリネ