美味しいホワイトソースレシピ:レシピラボ公式ページの動画

動画タイトル
美味しいホワイトソースレシピ
動画コメント
"失敗しない!洋食店のホワイトソースのレシピです。 洋食の基本、ふんわりなめらかなホワイトソースの作り方は、レンジとブレンダーが決め手。 市販の­ものよりなめらかで好みの味わい、色々なお料理にもアレンジしやすい小麦粉、バター、牛乳のみのシンプルなソースをぜひ手作りで。 小麦粉のだまををフォークでつぶし電子レンジへさらにだまをつぶしレンジへ3回ほど繰り返すとさらさらに、そして暖かくなります。 鍋にバターを入れ温かい小麦粉を混ぜます、火をつけ小麦粉とバターをなじませたら、温めた牛乳を一気に注ぎいれ、ブレンダーで軽く混ぜ、沸いてきたらさらにブレンダーで混ぜます。 滑らかになったら、塩コショウで味を調え完成です。 以外と手軽に作ってみて下さい。 "
動画キーワード
ホワイトソース , 美味しい
リンク

レシピラボ公式ページその他の動画

夏にぴったりのアボカド和え物レシピ
"「料理サプリ」チャンネルの柚木さとみさんが、みょうがなどの薬味を使った夏にぴったりのレシピ、アボカドとみょうがのゆず胡椒和えを紹介しています。こちらは柚木さんの料理教室で人気のレシピとのこと。 はじめに、アボガドの剥き方や切り方を解説しています。真ん中の種は包丁の角を使って取ると良い、果肉に切り込みを入れてから皮を剥くとまな板が汚れないなど、料理上手になれるテクニックを知ることができます。 アボカドとみょうがのゆず胡椒和えでは、しょうゆなどの調味料が少なく見えるのですが、それでも充分に味がなじむそうです。ボウルに調味料を合わせたら、アボガドを入れて少し崩すように混ぜるのがポイントです。そうすることで味が浸みこみやすいとのこと。さらに、みょうが、ミニトマト、ゴマなどを加えてレシピは完成です。"
レシピ , アボカドとみょうがのゆず胡椒和え
簡単に作れる博多風水炊きレシピ
博多風水炊きの簡単レシピです。沸騰した鍋にぶつ切りした骨付きの鶏肉を入れます。鶏肉に火が通ったら、白菜、水菜、しいたけ、えのきなどの野菜を入れます。鶏肉はもも肉を使ってもいいですし、野菜も好みで選んで具材を変えてもいいでしょう。最後に鍋の味付けの素を入れて味を付けます。野菜に火が通ったら完成です。水炊きを食べ終わった後に残ったスープは雑炊にしてもいいですし、ラーメンを入れても合いますが、お茶漬けに使ってみるというアイデアがあります。軽く茶碗にご飯を盛り、ラー油を入れて少し辛く味付けした炒めた高菜や、梅干し、昆布の佃煮などがお茶漬けの具材によく合います。好きな物をご飯にのせ、わさびを添え、上から熱くしたスープをかけて完成です。
水炊き , 簡単 , 博多風 , 博多風水炊き
おつまみにぴったり!若鶏の手羽レシピ
"スーパーによく売っている下味のついた若鶏の手羽焼きに、ひと手間をかけてさらにおいしくしたおつまみにぴったりのレシピです。 手羽はフライパンに焦げ付きやすいので、下ごしらえとしてビニール袋に小麦粉と手羽を入れて袋を振り、まんべんなく小麦粉がつけましょう。油をすこし多めに敷いて、焼いていきます、お肉がくっつかないように離して焼きましょう。焼き加減を見ながらたれを作ります。醤油、砂糖、ごま油、調理酒、そしてお酢。お酢は焼いているとすぐに飛んで味が消えてしまうので多めにいれましょう。こんがりと良い焼き加減になった手羽に作ったたれをかけて味をしみこませると、いい香りがしてきます。焼きあがったお肉に胡麻をまぶして完成です。 "
手羽焼き , 若鶏 , おつまみ
豚ばら肉とキャベツを使ったレシピ
"豚ばら肉は、ビタミンBが豊富で買い求めやすいのが人気です。 相性の良いキャベツと煮込むことで、より美味しく食べることが出来ます。 豚ばら肉とキャベツの煮込みは、気軽に作れる上に栄養バランスも良いレシピなので、重宝です。 豚ばら肉とキャベツ、その他には、アンチョビ、ネギ、ホールトマトを使います。 調味料は、白ワイン、スープ、塩、こしょうです。 豚ばら肉とキャベツの煮込みは、弱火で形が崩れるように30分程度煮込むことで、美味しく仕上がります。 ホールトマトがない場合には、ケチャップで代用できるので、どこの家庭でも作りやすいレシピではないでしょうか。 味付けした豚肉に小麦粉を振り、焼いておくことでうまみを凝縮させます。 それから、キャベツなどの野菜や調味料を入れて煮込んでいくだけなので、気軽に作れるレシピですので、忙しい時間帯でもさっと調理が出来ます。"
豚ばら肉とキャベツの煮込み , 豚ばら肉 , キャベツ
ささみとねぎの梅和えのレシピ
ささみとねぎの梅和えのレシピです。鶏のささみの大きめのものを4本用意し、塩を少々振りかけておきます。そのささみを鍋に入れ、ささみが隠れるくらいの量の水を入れてから火にかけ、中火で3分ほど蒸し煮します。冷ました後、そのササミを細かくほぐしておきます。それに砂糖を少々振りかけておきます。梅干は大きめの物を2個用意し、種を取ってから包丁で叩きます。ねぎと大葉は千切りにします。梅干しをボールなどに入れ、みりん大さじと薄口醤油をそれぞれ大さじに半分の量を加えます。よく混ぜ合わせたら、ささみ、ねぎ、大葉を入れて和えます。器に盛ってできあがりです。ポイントとしては、シンプルな料理なので、ささみを新鮮な物を使うということです。
ささみとねぎの梅和え
イタリア菓子のレシピ
"イタリアのお菓子である硬いクッキー「ビスコッティ」のレシピと作り方がわかります。ビスコッティは、食感は硬いものの粉の良さをしっかりと味わうことができる素朴な堅焼きクッキーのため、ハマります。一つ一つの工程が丁寧なため、材料と道具があれば、動画を見ながら初心者でも作ることが可能です。水分がない分保存もきくようになっています。 動画内では、ナッツとチョコの組み合わせでの作り方ですが、入れる食材は、好みのナッツ類やチョコレートをいれて試したり、ドライフルーツを入れてみるのもおいしくなるようです。最後に出てくる抹茶味も美味しそうに見えます。いろいろな組み合わせを試して、好きな組み合わせを見つけたくなるレシピです。"
ビスコッティ