カレー風味コールスローサンドのレシピ:レシピラボ公式ページの動画

動画タイトル
カレー風味コールスローサンドのレシピ
動画コメント
"まるでカフェのランチにでてくるような、カレー風味のコールスローを使ったトーストアレンジレシピです。 まずサラダの部分を作ります。彩りよくキャベツ、ニンジン、玉ねぎのスライスに、クミンシード、ターメリック、おろしショウガ、コリアンダーといったカレー風味のスパイスをふんだんに加えます。そしてひよこまめ、マヨネーズ、塩コショウをいれたら全体をよく混ぜます。食パンを焼いて、片面に粒マスタードを塗ります。ピリッとしたアクセントになります。スライスしたゆで卵をならべたら、サラダをたっぷりとのせます。最後にレモンをギュッと絞ってパンを押し付けるようにのせ、なじませます。半分に切ったら、カレー風味のコールスローサンドの出来上がりです。おうちで贅沢なカフェ気分を味わえます。"
動画キーワード
コールスローサンド , カレー風味 , カレー , コールスロー
リンク

レシピラボ公式ページその他の動画

炊飯器だけで作れるコーンご飯のレシピ
"ユーチューバ―のkattyanさんが、誰でも簡単に作れる「丸ごととうもろこしご飯」の作り方を教えてくれます。 夏の暑い時って、食欲がなくてご飯を食べたくなくなりますが、甘いとうもろこしが入った炊き込みご飯なら食が進みます。kattyanさんのレシピは、自称「ずぼら飯」。面倒な下ごしらえはほとんどなく、栄養満点のご飯を作れるのがポイントです。 動画ではとうもろこしを剥いて、包丁でツブツブを引きはがす所も映っているので、初めて作る時にはとても参考になります。丸ごととうもろこしご飯のお味ですが、普通にお鍋で湯がくとうもろこしよりも甘くてシャキシャキとした食感が楽しめるとのこと。レシピの詳細は、動画の説明欄に書いていあります。kattyanさんがおすすめするベーコンやバターを乗せるアレンジも、試してみたくなりますね!"
丸ごととうもろこしご飯 , コーンご飯
ジューシー豚肉の生姜焼きレシピ
厚切りの豚肉を使った柔らかくてジューシーな生姜焼きのレシピです。お肉に絡めるタレは玉ねぎやリンゴ、生姜など全てすりおろしてあるので味がお肉にしみやすく、味がよく馴染んでとっても美味しそうです。すりおろしリンゴを入れることによってしょっぱさだけでなく自然な甘さが出て食欲をそそられてしまいますね。生姜焼きにリンゴってあまりピンと来ないかも知れませんが、一度試してみてはいかがでしょうか。厚切りの豚肉を使っているのでボリュームがあって、これはご飯が進んでつい食べすぎてしまいそうです。子供にも喜ばれる夕ご飯の定番なので、付け合せを変えてどんどん作っていろんな人に振舞ってみたら喜ばれること間違いなしです。
レシピ , 生姜焼き
安くて簡単な本格パエリアのレシピ
"本格的なパエリアを簡単に作るレシピがあります。簡単に手早く作るために、蒸し焼きをし炊いた白米とサバ感を利用します。本格的なパエリアにするために、パプリカ・サバ缶・カレー粉・レモンを利用します。 最初にパプリカを切手蒸し焼きにします。次に微塵切りにした玉ねぎをオリーブオイル・白ワイン・おろしにんにく・顆粒状洋風だし・塩・サバ缶の汁などで炒めます。サバ感のサバは最後の盛り合わせで使うので使わず取っておきます。軽く炒めたら炊いた白米を入れ、高価なサフランの代わりにカレー粉でチャーハン風に炒めます。ご飯がパラパラになるまで約3分炒めます。 最後に、ご飯をならしパプリカ・サバ缶の具・レモン・パセリを盛り付けて完成です。"
パエリア
豚ばら肉とキャベツを使ったレシピ
"豚ばら肉は、ビタミンBが豊富で買い求めやすいのが人気です。 相性の良いキャベツと煮込むことで、より美味しく食べることが出来ます。 豚ばら肉とキャベツの煮込みは、気軽に作れる上に栄養バランスも良いレシピなので、重宝です。 豚ばら肉とキャベツ、その他には、アンチョビ、ネギ、ホールトマトを使います。 調味料は、白ワイン、スープ、塩、こしょうです。 豚ばら肉とキャベツの煮込みは、弱火で形が崩れるように30分程度煮込むことで、美味しく仕上がります。 ホールトマトがない場合には、ケチャップで代用できるので、どこの家庭でも作りやすいレシピではないでしょうか。 味付けした豚肉に小麦粉を振り、焼いておくことでうまみを凝縮させます。 それから、キャベツなどの野菜や調味料を入れて煮込んでいくだけなので、気軽に作れるレシピですので、忙しい時間帯でもさっと調理が出来ます。"
豚ばら肉とキャベツの煮込み , 豚ばら肉 , キャベツ
誰でも簡単に作れるレシピ
"料理経験が浅い人や、子供でも作れる簡単のおすすめレシピは炊飯器で作る「まるごとキャベツ」です。用意するのはキャベツを洗うための鍋、芯をくりぬくための包丁、炊飯器と軽量カップだけです。 まずキャベツの芯を包丁でくりぬき、水を入れた鍋の中にしばらく浸けて汚れを落とします。きれいになったら炊飯器の釜の中に洋風だしキューブを二つ入れ、その上にキャベツを置きます。芯が下側になるように入れましょう。上から水400CCを注ぎいれたら炊飯ボタンを押し、後は炊飯器に任せておけば完了です。 キャベツが芯まで柔らかくなり、旨みが溶け込んだスープも同時に食べることが出来るので一石二鳥のおすすめレシピです。洗い物が少ない点も嬉しい点でしょう。"
まるごとキャベツ
日本料理、肉じゃがのレシピ
"日本料理である肉じゃがは西洋のポトフのような料理です。以下にこの料理のレシピを紹介します。 まず鍋にお肉を入れ炒めます。お肉は豚肉でも牛肉でもお好みでかまいません。このときに出るお肉の脂がうまみとなって後の味付けに影響し、料理の味を高めてくれます。次に玉ねぎとにんじん、じゃがいもを入れて炒めます。そしてある程度火が通ったら、適量の砂糖と出汁スープ、醤油、みりん、酒、水を入れ味付けをします。その後、食材が柔らかくなるまで煮込みます。具材の大きさにもよりますが10~15分あれば十分でしょう。最後に火を止めて冷まします。この冷ましてゆく過程でより食材に味が浸み込んでゆき、おいしい肉じゃがに仕上がります。"
肉じゃが