• アレンジハッセルバックポテト

アレンジハッセルバックポテト

  • View数View数454
  • SCOREコメント数0
アレンジハッセルバックポテト

材料と分量

分量:2人分予算(一人あたり):1円~100円
ジャガイモ
中玉2つ
とろけるチーズ
適量
スライスハム
4枚
塩コショウ
適量
オリーブオイル
適量

レシピの説明文

本当のハッセルバックポテトはじゃがいもしか使用しないようですが、我が家は、ジャガイモ以外の食材もあれこれ使います。
今回は、ご紹介する作り方では、ジャガイモに切り込みを入れ、食材を挟みこんでいきますが、注意していただきたい事。ジャガイモの切り込み幅は、2mmぐらいがお勧めです。隙間が多いと、食材を挟んでいくとどんどんジャガイモが大きくなっていき、収拾がつかなくなります。そして、もちろん面倒です。
今回はハムとチーズを挟み込んでいますが、ベーコン、輪切りにしたソーセージ、コンビーフ、スモークサーモン、チキンなどをハムに置き換えて作っても美味しいです。あまりお水の出ない野菜、スライスしたブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、細かく切ったニンジンなど、色味も綺麗になるし、美味しいです。色々、アレンジをお楽しみください。

アレンジハッセルバックポテトのレシピアレンジハッセルバックポテトのレシピ工程・手順

手順1

ジャガイモを水洗いして、下をつなげた状態で切れ込みを入れます。
ジャガイモは皮ごと食べるので綺麗に洗って、芽は取っておいてください。
ジャガイモに切れ込みを入れる時に、写真のように、割り箸などでジャガイモを挟んで作業すると、切りやすいです。(余談ですが、玉ねぎのみじん切りの時にも、割り箸を使うと便利です)
ジャガイモだけで作る場合は切れ込み幅はお好みで、食材を挟む場合は2mm幅を目安にしてください。

手順2

ボールにお水をはって、ジャガイモの切り込みを洗います。この作業をサボると、断面のでんぷんが加熱され糊化してせっかく入れた切れ込みがくっついてしまいます。今回は、具材を挟み込むのでサボっても大丈夫ですが。

手順3

挿む具材を準備します。今回はスライスハムをカットしておきます。

手順4

ハムとチーズをジャガイモの切れ込みに挟み、上から塩コショウで味つけます。
ジャガイモが包めるサイズのラップに、ジャガイモを置き、オリーブオイルを一往復かけます。

手順5

ジャガイモをラップで包み、600wの電子レンジで10分加熱します。ジャガイモのサイズや、具の入れ方で、ジャガイモの下部が硬いままのこともあるので、様子を見ながら、必要であれば追加で加熱してください。
焦げ目が必要でなければ、このままでも食べられます。

手順6

写真のように焦げ目をつけたい場合は、サランラップを外したジャガイモを魚焼きグリルやオーブントースターで焼きます。我が家は魚焼きグリルを使用しています。片面焼きのグリルで2、3フンです。
お好みで、バターを乗せても美味しいです。

コメントアレンジハッセルバックポテトへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このレシピを携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このレシピの投稿者:いく

夫婦二人と愛猫一匹で暮らしています。
私自身はインスタント食品もレトルト食品も大好きなのですが、義母の手料理育ちの主人は食卓にシーズニングを使った料理、インスタント食品、レトルト食品を並べると「この前、いくが作ってくれた料理の方が美味しいな。」とやんわり文句を言います。仕方がないので、せっせと色々な料理を手作りする日々です。

この投稿者の他のレシピこの投稿者の他のレシピ