• 牛タンの塩ゆで

牛タンの塩ゆで

  • View数View数1,929
  • SCOREコメント数0
牛タンの塩ゆで

材料と分量

分量:4人分予算(一人あたり):1,401円~1,500円
皮を剥いた丸ごと牛タン
1本(今回850gでした)
玉ねぎ
1玉
にんにく
1個
セロリ
1本
ニンジン
1本
適量
ブラックペッパー
適量
わさび
適量
ラディッシュ
適量

レシピの説明文

2、3日かかる料理ですが、基本はホッタラカシなので、是非、参考にお料理なさってみてください。
我が家の牛タンは、皮を剥いた生の状態で真空パック冷凍されています。皮つき牛タンをお使いの方は、皮を剥く手順が入りますが、その方法は知らないので、どこかでお調べください。
牛タンの塩焼き、ステーキ、シチュー、赤ワイン煮など、色々調理して、一番ご紹介したいのがこの料理です。あっさりと食べやすく、お酒のつまみにもぴったりです。
牛タンを食べきれなかった場合、ほぐしてサラダにしたり、バターで焦げ目をつけてデミグラスソースで食べたり、色々使えます。
茹で汁は、スープのベースにするとおいしいです。茹で汁で作った塩ラーメンは絶品です。

牛タンの塩ゆでのレシピ牛タンの塩ゆでのレシピ工程・手順

手順1

牛タンが冷凍されている場合は冷蔵庫で1日かけて解凍します。
ドリップをきれいにふき取り塩を牛タン全体に満遍なくふります。

手順2

キッチンペーパーとサランラップで牛タンを包み(私はドリップが出るとイヤなので、さらに、保存袋に入れます)、冷蔵庫で一日置きます。

手順3

翌日、牛タンを水から、湯がきます。水の量は、牛タンが沈む量です。

手順4

沸騰すると、写真のように灰汁が浮かんできます。
ここで、一度、牛タンを取り出し、お湯を捨てます。

手順5

セロリ、玉ねぎ、ニンジン、にんにくをざく切りにします。
セロリは葉っぱも使います。
ニンジンは、皮を剥かなくても大丈夫です。
ニンニクは、薄皮を剥いて、丸ごと上下半分にきりばらします。中の皮は剥かなくても大丈夫です。

手順6

野菜、牛タン、野菜の順に鍋に入れ、全体がつかる量の水を入れます。
強火で沸騰させ、その後弱火にして、そのまま4時間煮ます。

手順7

牛タンを鍋から取り出し、野菜を濾して、スープを取ります。
余談ですが、私は野菜を濾す時、ストッキング素材の排水口ネットを使います。細かく濾せるし、そのまま捨てられるし、口はゴムで伸びるので簡単に鍋にセットできるし、便利です。

手順8

改めて、牛タンとスープを鍋にもどし、冬は常温で、夏は冷蔵庫で一晩おきます。

手順9

一晩置くと、油が浮いているので取り除きます。

手順10

油を取り除いたら、スープに塩で味つけます。鍋のサイズもあり、はっきりした量は書けないのですが、味見して、スープをこのまま食べたい!と思う濃さでお願いします。仮に味が薄ければ、食べる時に調整できるので、薄めにしておくと無難です。
一時間ほど弱火で火を通して冷ますを、2、3回繰り返します。
都度、油が浮かんでいたら取り除きます。

手順11

食べる前に、一度、鍋に火を入れ、牛タンが手で触れる程度の温度まで冷まして、切り分けたら完成です。
お皿に盛り付け、ブラックペッパーを全体にかけて完成です。
ワサビやラディッシュをつけてお召し上がりください。塩味が足りないようであれば、塩もつけながら食べるとよいと思います。
お好みで、ポン酢やきざみネギなどと一緒に食べても美味しいです。

コメント牛タンの塩ゆでへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このレシピを携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このレシピのキーワードこのレシピのキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

このレシピの投稿者:いく

夫婦二人と愛猫一匹で暮らしています。
私自身はインスタント食品もレトルト食品も大好きなのですが、義母の手料理育ちの主人は食卓にシーズニングを使った料理、インスタント食品、レトルト食品を並べると「この前、いくが作ってくれた料理の方が美味しいな。」とやんわり文句を言います。仕方がないので、せっせと色々な料理を手作りする日々です。

この投稿者の他のレシピこの投稿者の他のレシピ