• フルーツケーキ(ウィスキー風味)

フルーツケーキ(ウィスキー風味)

  • View数View数1,313
  • SCOREコメント数0
フルーツケーキ(ウィスキー風味)

材料と分量

分量:8人分予算(一人あたり):1円~100円
小麦粉
200g
ベーキングパウダー
小さじ2
砂糖
200g
バター
200g
2個
ドライフルーツ・くるみ
60g
ウィスキー
大さじ2
〇水
大さじ2
〇砂糖
15g
〇ウィスキー
大さじ4

レシピの説明文

フルーツケーキ好きの義母のために、嫁ポイントアップを狙って作り始めました。義母、大絶賛のフルーツケーキです。もちろん、嫁ポイントもアップしました。
色々、レシピをチェックしましたが、どうやら、一般的には小麦粉1に対し、バターや砂糖は0.8とか0.7とか少ない目のものが多いようですが、子供の頃、母とマドレーヌを作っていた分量が小麦粉:砂糖:バター=1:1:1だったから、あえて、すべて同量で作っています。もしかすると、少し昔風の味になっており、年配者の口に合うのかもしれません。
※19cmの焼き型2本分の分量を記載しています。予算、分量は、完成品を(両サイドは切り落とし)2cm幅でカットして、1人2切れ食べるイメージで、記載しています。

フルーツケーキ(ウィスキー風味)のレシピフルーツケーキ(ウィスキー風味)のレシピ工程・手順

手順1

小麦粉を計量し、ベーキングパウダーを合わせ、2、3回ふるいにかけます。

手順2

同様に、砂糖も計量し、2、3回ふるいにかけます。

手順3

バターをクリーム状になるまで練ります。バターは事前に、常温に戻しておきます。季節・室温によりますが、なかなか、気合の必要な作業になります。ハンドミキサーがあれば、ハンドミキサーの利用をお勧めします。湯せんにかけたり、レンジ(様子をみながら10秒刻みで)を利用したりすると、少し作業が楽になります。

手順4

クリーム状になったバターに、砂糖を半分(100g)小分けにしながら練り込みます。

手順5

卵1個と、卵黄1個(卵白は後で使うので、別にとっておく)を混ぜ込みます。

手順6

ドライフルーツとくるみを混ぜ込みます。ウィスキー感を出したい場合は、事前にウィスキーにドライフルーツを漬け込んでおきます。1週間ほど漬け込んでおけば、かなりしっかりとウィスキーを感じる事が出来ます。

手順7

小麦粉を少しづつ練り込みます。

手順8

ウィスキーを追加して練り込みます。ウィスキーがお好みではない場合は、この作業は飛ばしてください。

手順9

先程、残しておいた卵白を泡立て、砂糖の残り半分を混ぜ合わせておきます。それを、生地に練り込めば、生地完成です。

手順10

ケーキ型に、均等に生地を流し込みます。流し込み終わったら、生地の真ん中に指で線を引きます(焼いたとき、ここから割れてきます)。
180度にオーブンを予熱し、45分焼きます。
今回は、そのまま生地を流し込むだけの紙のケーキ型を使用しています。お手軽便利なのでおすすめです。
シリコン型をご利用の場合も、生地を流し込むだけです。
金属のケーキ型を利用する場合は、クッキングシートを敷いた上に生地を流すか、ケーキ型に直接バターを塗って、強力粉を塗って、その中に生地を流し込みます。

手順11

生地を焼いている間にシロップを作ります。
〇の材料、水、ウィスキーを火にかけ、砂糖を溶かします。ウィスキー感をしっかりと出したい場合は、砂糖が溶けたら、出来上がりです。ウィスキー感を飛ばしたい場合は、しっかりと火にかけてアルコールを飛ばしてください。ウィスキー何てそもそも家にない場合は、ウィスキーの分量を水や他のアルコール(ブランデーなど)で代用してください。

手順12

焼きあがったケーキに、刷毛でシロップを塗り込みます。シロップがなくなるまで、重ね塗りします。

手順13

粗熱が取れたら、サランラップで包みます。

手順14

更に新聞紙で包み、2、3日置くと、シロップがケーキに染み込み美味しくいただけます。
もちろん、サランラップ、新聞紙などをすっ飛ばして、すぐに食べる事も可能です。

コメントフルーツケーキ(ウィスキー風味)へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このレシピを携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このレシピのキーワードこのレシピのキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

このレシピの投稿者:いく

夫婦二人と愛猫一匹で暮らしています。
私自身はインスタント食品もレトルト食品も大好きなのですが、義母の手料理育ちの主人は食卓にシーズニングを使った料理、インスタント食品、レトルト食品を並べると「この前、いくが作ってくれた料理の方が美味しいな。」とやんわり文句を言います。仕方がないので、せっせと色々な料理を手作りする日々です。

この投稿者の他のレシピこの投稿者の他のレシピ